十割蕎麦

イカダを作らない打ち方、再考しました

蕎麦打ちにとって最も恥ずかしい「イカダ」。麺がくっついた状態がイカダのようなのでイカダと呼ばれていますが、自身の打ち方を思い返し、イカダにならないような打ち方のポイントを書いてみました。参考になればというより、自分自身の反省文です。
ドローン

mouse F5-i5「win11」は、4K動画編集に使えます

mouse F5-i5「win11」は、4K動画編集に使えます
ドローン

ドローンの「機体登録」をしました

100g以上の無人航空機が国土交通省に登録することが義務化されました。受付を開始直後に保有機のドローンの登録をし、登録番号を機体に貼り付けました。意外に簡単にできました。ただ、システムの完成度はイマイチという感じがしました。
ドローン

九頭竜川(中藤島エリア)

九頭竜川の中藤島エリア(左岸)は、大きな高水敷の浸食個所が2か所あります。国土交通省に水の流れを変えるための川砂利撤去工事をして貰っていますが、その後の川の流れを定期的にドローンで空撮し、観察しています。
十割蕎麦

楽しみは、石挽き蕎麦粉のブレンド

玄蕎麦の粉、丸抜きの粉をブレンドしたり、石臼で玄蕎麦、丸抜きを挽いて作った粉をブレンドしたり、粗い粉た欠片を入れて食感が楽しめる粉を作ったりして、蕎麦の魅力を広くしています。ブレンドをすれば楽しみが広がります。
十割蕎麦

2021年、石臼の目立ては、まずまずの出来でした

粗い粉しか挽けなかった自作電動石臼、改良を重ね、60メッシュの粉が7割から8.5割取れる石臼に変身しました。二人の師匠のアドバイスで生まれ変わった石臼、今後も手入れを怠らず、良い粉を挽いていきます。
十割蕎麦

忙しい時こそ、基本を振り返り 丁寧な仕事を

名人は、水回しの時に水の分量は計らない、あくまでも指と掌の感覚で水を回す。名人は、真ん丸まっ平を念頭に延ばす。名人は、麺棒で延す時は裏面も延ばす。名人は、麺体の厚さが均等、切りの本数で1人分を読む。
十割蕎麦

おろし蕎麦の細麺、太麺を考える

おろし蕎麦の麺は、昔は太かったが近年、段々と細くなってきているが、麺の太さについて考えてみた。
タイトルとURLをコピーしました