mouse F5-i5「win11」は、4K動画編集に使えます

ドローン

ドローンの4K動画編集が出来る安価なパソコンとして、mouse F5-i5「win11」を(税込)129,360円で購入しました。年末のセールでしたが、一ヶ月が経過しましたのでレビューを書きます。

パソコン遍歴

OSは、Win3.1以降殆どを経験し、NEC98を皮切りに自作機も含め数台乗り換え、win7からは、中古のデスクトップとノートの2機を所有し、記憶装置をSSDに変えたりメモリを増やしたり、デスクトップにはグラフィックボードを増設したりしてwin10に乗り換え、使い続けていました。デスクトップはshuttle xpc、ノートはThinkpad T510ですが、officeやインターネット等の普段使いについては、十分な能力がありました。
しかし、特にノートについては、ドローンの4K映像を処理するにはスペックが足りなさ過ぎ、買換えを決意しました。

約20年振りの新品パソコンのスペック

マウスコンピュータ社が、年末に大々的にセールしていたPCのスペックと製品のレビューを見比べていましたが、本格的な動画編集機は高額なので、効果対費用を熟慮し、mouse F5-i5「win11」を購入しました。

購入したパソコンの構成(以下、確認メールのコピペ)は、

■OS
\6,380(税込)
Windows 11 Pro 64ビット
■オフィスソフト
\24,200(税込)
Microsoft(R) Office Home and Business 2019 ( Word / Excel / Outlook / PowerPoint ) ( 個人向け )
■CPU
インテル(R) Core(TM) i5-10210U プロセッサー ( 4コア / 8スレッド / 1.60GHz [ 最大4.20GHz ] / 6MBキャッシュ )
■CPUグリス
標準CPUグリス
■メモリ
16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-21300 / DDR4-2666 ) / デュアルチャネル ]
■SSD
512GB SSD ( M.2 SATA3 接続 )
■光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブ ( DVD±R DL 読み書き対応 )
■カードリーダー
UHS-I対応 カードリーダー ( SD / SDHC / SDXC 対応 )
■グラフィックス
インテル UHD グラフィックス
■LAN
[ オンボード ] 10/100/1000BASE-T GigaBit-Ethernet LAN
■無線LAN
IEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠 ( 最大433Mbps対応 ) + Bluetooth 5 モジュール内蔵
■ベースユニット
mouse F5シリーズ ( WEBカメラ内蔵 )
■液晶
フルHD対応15.6型ワイド液晶パネル ( 1920×1080 / LEDバックライト / ノングレア )
■サウンド
ハイデフィニション・オーディオ
■ウイルス対策・セキュリティソフト
マカフィー リブセーフ ( 60日体験版 )
■パソコン引越しソフト
【データ・設定の引越しに対応】ファイナルパソコンデータ引越し Win10特別版 ( ダウンロード版 / Windows 11対応 )
■パソコン下取りサービス
・・・ パソコン下取りサービスなし
■データ復旧サービス
・・・ データ復旧サービスなし
サポート
[1年間 標準保証] 初期不良対応1ヵ月+センドバック修理保証
■電話サポート
[ 24時間365日電話サポート ] 困った時はいつでもお電話いただけます。
というもので、商品単価95,480円、オプションと送料3,300円を含め、合計(税込):129,360円でした。

4K動画の編集具合

結論から言うと、収録した短いもの(4㎇,7分程度)ならばOKです。Powerdirector2.0をインストールしていますが、大画面にすると少し、むらが出ますが許容範囲だと思います。

 

九頭竜川左岸

九頭竜川(柴田勝家が架けた、越前舟橋跡地)
一度、動作確認でサポートに出しましたが、担当者も6㎇程度なら4Kでも大丈夫との話でした。欲を言えば、CPUはi7の第11世代、グラフィックボードはGeForthが良いのでしょうが、如何せん高額です。ドローンの短い動画編集であれば、このPCのスペックでも及第点だと思います。

ドローンの「機体登録」をしました

コメント

タイトルとURLをコピーしました