十割蕎麦

十割蕎麦

自作石臼メンテナンス。上臼のクリアランス拡張

上臼の浮きや粒度のコントロールは、物配り穴に落とす量、上臼の回転数と重さだけでなく、上臼のクリアランスの容量も関係することが分かりました。細かい粉が沢山引挽けるようになりました。
十割蕎麦

玄蕎麦から石臼で挽いて、十割細麺が出来ました

試し挽きですが玄蕎麦100%でやってみました。細かい粉が挽けていますので、十割でも楽に打てました。3ミリ幅の細麺に仕上げましたが、茹でても切れない風味の強い蕎麦になりました。
十割蕎麦

電動石臼のメンテナンス。玄蕎麦供給機の改良、下臼中心部の改良等

玄蕎麦や抜きを物配り穴に投入する自動供給機の改良と、下臼の表面を平らに削り直しました。又、下臼中心部の穴に蕎麦粉が落ちないようにしました。
十割蕎麦

十割蕎麦の2キロ打ち 福井県在来種石挽き蕎麦粉使用

福井在来種丸岡産玄蕎麦を石臼で挽いた蕎麦粉で打ちました。2キロ打ちを常としていますが、細麺を作る場合は打ち台一杯に延し八折りに畳んで約60㎝の大きさになります。切り幅を揃えれば、大盛4人前5パックできる計算です。
十割蕎麦

玄蕎麦100%で挽いた田舎蕎麦、越前ブラック

自作電動石臼のメンテ何市中ですが、玄蕎麦を挽いた粉で蕎麦を打ちました。玄蕎麦十割でつなぎ無しの十割なので、十割の十割蕎麦です。蕎麦の旨味を100%閉じ込めた、田舎蕎麦になりました。美味しかったですよ。
十割蕎麦

目立て後に挽いた蕎麦粉で試し打ちをしました

石臼のメンテナンス中ですが、試し打ちをしました。歩留まり率は7割なのでまずまずですが、まだまだ調整が必要です。自分で挽いた蕎麦粉で打った蕎麦の味は格別です。
十割蕎麦

石臼の目立て中、秋蕎麦の収穫が待ち遠しいですね。

石臼のメンテナンス中です。一から作り直しですから、下臼をグラインダーで削り、溝を付け、電動ルーターで小溝を掘りました。小さい臼には電動ルーターの使用が最適で、石が欠けることなく細かな溝が掘れます。良い感じになってきました。
十割蕎麦

気を付けたい そばアレルギー

蕎麦アレルギーは、呼吸困難を伴う重篤な症例があり気を付けたいもの。特に幼児は重症化します。蕎麦通は、蕎麦アレルギーの怖さもよく知る必要があります。蕎麦アレルギーについて纏めましたので参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました